自己破産費用の相場や内訳は?

借金が膨れ上がっても、自己破産をすれば返済義務がなくなるから、問題がないと、簡単に考えてしまう人は珍しくありません。
確かに、破産宣告を行い、免責が許可されると、借金の返済義務はなくなります。
ただ、自己破産の手続きを行う為には、費用が必要となります。
弁護士に手続きを依頼した場合、総額で30万円から40万円程度が相場となります。
司法書士の場合、20万円程度が費用の相場となっています。
破産宣告を行うと、家等の財産を処分する必要がある上、最大で99万円の現金、20万円の預金程度しか手元に残りません。
家を処分したりした場合、これだけの現金、預金で新たに家を借り、引越しを行い、生活を立て直していくという事は楽ではありません。
ですから、借金の返済義務がなくなっても、その後の生活は、想像以上に大変という事も珍しくありません。
そんな中、自己破産の費用として30万円から40万円程度の出費は安いものではありません。
しかも、その金額は相場であって、弁護士事務所によっては50万円から80万円程度かかるという事も珍しくありません。
自己破産というのは個人で行う事も可能で、個人の場合数万円程度の出費で済みますが、書類作成等、慣れない作業に悩まされる事になります。
借金がどれだけ増えても、自己破産さえすれば返済義務がなくなると簡単に考える人は少なくありませんが、破産宣告や手続きを行う為には、費用が必要な事もしっかりと意識しておく事が大切です。